9月 192018
 

全国英語教育学会では学生支援の一環として,年次全国大会参加のための助成金の給付(抽選制),及び学生の大会参加者を対象とした大学生・大学院生フォーラムを行っております。第44回の京都研究大会での学生参加者を代表して,助成金を利用して大会に参加した2名の学生の方に大会の様子をレポートしていただきました。ご興味を持たれた学生の方は,次年度以降の大会での参加助成金制度の利用やフォーラムへの参加を是非ご検討下さい。

 

 

今回,はじめて全国英語教育学会大会に参加した。本大会では,自由研究発表を行い,研究発表を聞き,懇親会に参加し,と充実した二日間を過ごした。
まず,自由研究発表であるが,初日のトップバッターであったためか,今までにないくらい緊張した。当日は,発表会場の椅子が足りなくなるほどたくさんの方々にお越しいただき,質疑応答の際は時間の枠を超えて,先生方から数多くの意見をいただくことができた。中には今まで自分が意識してこなかったことに関するコメントもあり,大変勉強になった。先生方には,この場を借りて感謝申し上げる。
実は最近,先生方との議論を目当てに,積極的に口頭発表するようにしている。というのも,普段指導教員とのやりとりの中で自動化され,つい意識することを忘れてしまう,用語の曖昧さや研究のわかりやすさ,そして研究意義を,自分の研究をよく知らない先生方に発表し質疑応答を介することで,改めて再確認することができるからである。
どうしても学会発表というと,怖い先生がたくさんいる,敷居の高い場と思われてしまうのかもしれない。しかし,実際はそうではない。学会には,真剣に発表を聞いて,研究をよりよくするための視座を提供してくださる先生方がたくさんいる。今回,発表を躊躇してしまった人がいたら,来年の弘前大会でぜひ発表をチャレンジしてみてほしい。
さて,今日,英語学習者を取り巻く環境は大きく変わろうとしている。本来,正の波及効果をもたらすべきものが,負の波及効果をもたらすのではないかと危惧されている。そして,研究者の声が教育政策に十分に生かされていないように思える。こうした現状の中,大学院生である自分にできるのは,研究成果を学会で発表し,自分とは興味・専門の異なる先生方との対話を通し,自分の研究は英語教育研究においてどのように位置づけられるのか,どうすれば英語教育に生かせるのか常に考えることだと思っている。本大会に参加し,研究室にこもっていてはなかなかお会いすることのできない学校現場の先生方との対話を通じて,その必要性を改めて感じた。
そして,以上の経験ができたのは,研究大会参加助成金制度の支援があったからに他ならない。全国英語教育学会の先生方に感謝申し上げる。またトラブルなく大会を満喫できるよう運営をしてくださった大会運営委員の方々にも感謝申し上げる。大会参加を通して得た糧を修士論文に大いに活かし,来年の大会では自信をもって発表できるようなものに仕上げたい。

(東京外国語大学大学院 総合国際学研究科博士前期課程2年 馬場正太郎)

 

 

私は8月25,26日に龍谷大学にて開催されました,第44回全国英語教育学会京都研究大会に参加し,非常に貴重な経験をさせていただきました。約380年の歴史ある龍谷大学のキャンパスで,平成最後の研究大会ということで非常に多くの方々が参加し,ウェブ版の予稿集という初の試みもなされた研究大会でございました。
2日間を通して,私が研究分野としている語彙に関する研究だけでなく,教員養成や早期英語教育など,普段自分自身がなかなか触れることのなかった様々な分野の英語教育に関する発表を聞くことができました。研究発表を通じて,先生方の研究に対する熱意を感じ,これから研究をして行く上でのヒントになることはもちろんのこと,新学習指導要領に対応した新しい興味深い研究を拝見し,非常に勉強になったと感じる反面,今後より一層勉強に努めなければいけないとも痛感いたしました。
昼休みの時間に行われた大学生・大学院生フォーラムでは,自分の研究分野と近い先生方とお話しさせていただき,研究分野に対する知識の共有はもちろんのこと,研究への取り組む姿勢や実験でのリクルーティングについてなど,これからの研究にそのまま実践できるようなことをたくさん吸収していく中で,研究に対する自分自身の意見を伝える機会にもなり,非常に有意義なランチタイムを過ごすことができました。また,課題研究フォーラムでは,それぞれの教育学会で行われている研究を拝見し,これまで議論,研究が行われてきた中で確立された理論と現場での実践が織り込まれた発表を拝聴し,積極的に学ぶことができたと思います。
今回の学会を通して,自分自身がなぜ研究をするのか,なぜその研究がしたいのかを改めて認識することができました。また,多くの発表をお聞きする中で知識とともに,研究へのモチベーションを多く得られた2日間を過ごすことができたと感じております。本大会に参加することができ,非常に満足感で満たされております。来年度は,是非発表者として参加できるように努力していきます。
最後に,今回の研究大会の運営関係者の皆様,ならびに発表者の皆様,また本大会の参加に当たりまして,研究大会助成金制度に採択いただいた学生支援事務局の皆様に深く感謝申し上げます。

(筑波大学大学院 人文社会科学研究科博士前期1年 関根貴則)

9月 062018
 

当初台風の影響が心配されましたが,全国英語教育学会第44回京都研究大会が8月25日(土)・26日(日)の両日に無事開催されました。二日間で千名ちかくの方々にご参加いただき,学会として心よりお礼申し上げます。また,研究大会の開催にむけて周到な準備をして頂いた京都研究大会実行委員会,すばらしい会場のご提供を頂いた龍谷大学,研究大会にご後援を頂いた各教育委員会・教育研究会・英語研究部会,ご協賛を頂いた各企業の皆様方にも心から謝意を表したいと思います。来年度は,2019年8月17日(土)・18日(日)の両日に,弘前大学にて第45回弘前研究大会が開催されます。皆様のご参加をお待ちしております。

7月 092018
 

今回の西日本を中心とした広範囲におよぶ記録的豪雨で,甚大な被害が出ています。被
災された方々には心よりお見舞い申し上げます。本学会会員の方々におかれましても,
直接被害に遭われたり,ご親戚,ご友人,学校・大学関係者の方々が被害に遭われたの
ではないかと心配しております。ご勤務先の学校・大学が大きな被害を受け,授業再開
にむけて大きな困難に立ち向かおうとされている会員も多数いらっしゃることと思いま
す。お一人おひとりに対して学会として,心よりお見舞い申し上げるとともに,応援の
メッセージをお送り致します。

全国英語教育学会

6月 222018
 

6月18日早朝,大阪府北部を震源として大きな地震が発生しました。本学会の会員を含め,この地震で被災された方々には謹んでお見舞い申し上げます。また,この8月の第44回京都研究大会は,予定通り開催されますことを合わせてご報告申し上げます。

全国英語教育学会会長 伊東治己
第44回京都研究大会実行委員長 横川博一

9月 292017
 

全国英語教育学会では学生支援の一環として,年次全国大会参加のための助成金の給付(抽選制),及び学生の大会参加者を対象とした大学生・大学院生フォーラムを行っております。第43回の島根研究大会での学生参加者を代表して,助成金を利用して大会に参加した3名の学生の方に大会の様子をレポートしていただきました。ご興味を持たれた学生の方は,次年度以降の大会での参加助成金制度の利用やフォーラムへの参加を是非ご検討下さい。

 

私は8月19日と20日に島根大学にて開催された第43回全国英語教育学会島根研究大会に参加しました。2日間でのべ1300人の参加者があり,英語教育に関する様々な研究発表が行われました。
実践研究発表では,英語の4技能それぞれに関する研究や統合的学習についての研究,教材研究や現代の教育制度についての議論など,英語教育に対して幅広い分野での研究発表が行われました。私が専攻しているリーディング分野についても音読や推論,再話など多角的な視点から研究がなされ,それぞれの研究で特徴的な考察や教育的示唆が提示されました。
また,各日でシンポジウムが行われ,「ディスレクシアに対する英語教育」と「大学入試におけるインフォメーショントランスファー」に関する討論が行われました。前者に関しては普段かかわることのない分野であり,私自身薄学であったことから,新たな知識を得ることができました。特にこの分野では生徒個々人の障害や症状に合わせて独自に教育手法を変え,生徒主体の教育を行うことが重要であると学びました。障害というハンディキャップを背負いながらも懸命に生きようとし,生きるために積極的に学ぶ姿勢を見せる生徒に対して最大限に支援できるよう,対策と計画をする必要があると考えました。後者においては各年代における入試の特徴,また大学ごとの入試問題の変化から現代の英語教育にどのような影響を与えているのかが議論されました。大学教員,高校教員,大手塾講師と,英語教育の現場で活躍されている方を筆頭に活発な議論がなされました。今後の社会情勢や政策によって大きく英語教育の形態も変化します。その中でも守るべきもの,変えるべきものなどを明確にしていき,充実した学びができるように英語教育を見直す必要があると考えました。
2日間を通して英語教育に関する様々な知見を得ることができました。今後の研究に対するモチベーションが向上したほか,専攻以外の様々な分野に対する興味もわき,今後の研究に役立てたいと思いました。
最後に,本大会の参加にあたっては「研究大会参加助成金制度」に採択いただき,参加することができました。採択・支援いただいた学生支援事務局の皆様に感謝申し上げます

(筑波大学 人文・文化学群 人文学類4年 稲岡 類)

 

島根研究大会には,8月19・20日の両日とも参加しました。修士論文や,今後の研究の示唆を得たいと思い参加させていただきました。
JASELEに参加するのは今回が初めてでしたが,普段から論文を拝見させていただいている著名な先生方の発表をじかにきけたことは,非常に勉強になりました。
1日目には,リーディング,スピーキング,ワーキングメモリに関する発表などを中心に拝見しました。特に,鄭先生らによるコミュニケーションと言語適性に関するご発表では,コミュニケーションの際に高い活動が見られる脳の領域は学習者の言語適性と関連しているという,非常に興味深い研究をお聞きすることができました。課題研究フォーラムの時間には,佐久間先生らのワーキングメモリの発表に伺いました。ワーキングメモリ研究において著名な先生方のお話は大変勉強になり,特にワーキングメモリの測定課題に関するお話は今後の研究の際にいかしたいと思っております。来年のフォーラムを今から楽しみにしております。
2日目には,研究の興味分野である音声に関する発表を中心に伺いました。ディクテーションやヴォイス・アクティング,音素カウンター,シャドーイングについてなど,理論的にも興味深く,また実践的にも有用なことを教えていただきました。
2日間を通じて,昼食の時間に大学生・大学院生フォーラムにも参加しました。フォーラムでは,大学院生の同期や先輩方と出会い,論文の進捗状況や研究発表で学んだことなどを共有しあうことができました。
この度は,大会参加にあたり,研究大会参加助成金をいただけることになり,関係者の皆様に深く感謝申し上げます。地元埼玉県から島根県への交通費と宿泊費は大きな出費であり,助成金はまさに救いの手でした。今回の研究大会に参加できたことは非常にいい経験となり,修士論文など今後の研究に関する示唆も得ることができました。研究大会の運営に関わった皆様方並びに発表者の方々に,このような勉強・交流の場を設けていただいたことをこの場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

(東京外国語大学大学院総合国際学研究科 博士前期課程1年 寺島芙由)

今回の島根研究大会では大変貴重な経験をさせていただいた。中でも最も印象に残っていることについて,3つ述べる。
まずは,自身の研究を発表したことである。昨年はただ発表を聞くという立場であったが,今年は発表をする側になるという,より緊張感がある参加の形となった。私の発表が持つ影響力は微々たるものであると思うが,僅かでも英語教育に貢献することができれば嬉しく思う。また,今回発表をすることにより,色々な方から質問やコメントを頂き,自身の研究や説明に何が不足しているのか教えていただいた。これらのご助言を活かし,より良い研究を行いたい。学生の中には発表を躊躇う人もいると思うが,学外の方から研究に関してフィードバックを頂ける機会は滅多に無いため,是非これから発表する側となり,大会に参加してもらいたいと思う。
二つ目に,様々な研究について知ることができたということである。各研究発表では,自身の研究の参考になる考え方や研究手法を知ることができた。特別講演やワークショップでは,教育現場で実際に生じている問題に関して拝聴し,現場では何が求められ,英語教育に携わる者は何ができるのか,学ばせていただいた。また,発表の時間だけでなく,質疑応答の時間も非常に有意義であったと思う。質疑応答は,その研究についてより深く理解し,自身の研究における課題へのヒントをも得ることできる貴重な時間であった。
最後に,大学生・大学院生フォーラムで他の大学の学生と良いご縁があったことである。同じ学生とはいえ,参加者の背景は様々であった。研究環境や,専門としている研究分野が異なるため,一つのテーマにおいても考え方や着目する点が異なり,このような多様な人との関わりを通して,新たな視点,広い視野でもって英語教育について考えるようになった。さらに,他の学生の研究の話や進路に関する話を聞くことは,自身の研究や今後の進路を考える際の良い刺激となり,修士課程修了までの日々を無駄にしないよう気を引き締める機会となった。
このように,島根研究大会では様々な形で多くの刺激を受けた。今回助成制度でご支援いただいた分,大会で得られたことを今後に活かし,研究に励みたい。

(横浜国立大学 大学院修士課程2年 根山 萌子)

7月 102017
 

今回の九州北部での記録的豪雨に際して,被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。本学会会員の方々におかれましても,直接被害に遭われたり,あるいはご親戚やご友人,学校関係者の方々が被害に遭われたりされた方がいらっしゃるのではないかと心配しております。また,新聞やテレビの報道によると学校も大きな被害を受けているようで,これから授業再開にむけて大きな困難に立ち向かおうとされている会員も多数いらっしゃるのではないかと推察しております。そのような会員の方々お一人お一人に対して学会として,心よりお見舞い申し上げるとともに,あつい連帯のエールをお送り致します。

 

全国英語教育学会