会長メッセージ

 

全国英語教育学会(JASELE)は,創設40年以上の歴史を持ち,8つの地区学会におよそ2,500名の会員を擁するわが国最大の英語教育学会のひとつです。東京オリンピックが開催される2020(平成32)年からの実施に向けた次期学習指導要領も文部科学省から公示され,再び英語教育が大きく変動しようとする中,絶えず英語教育の基本に立ち返り,そのあるべき姿を理論と実践の両面から追求し,その成果を国内外に広く伝えるという大きな役割を担っています。

 

本学会の大きな特徴は,小中高の教室現場や学校外の教育機関で日々英語教育に携わっておられる先生方,大学の研究者,教師や研究者を目指す大学院生・大学生,さらには教育委員会をはじめとした行政の関係者が,同じ立場で理論や実践について語り合い、学び合うことができる場を提供しているという点です。

 

英語教育はこれから大きな改革に直面しようとしていますが,表層的な動きに流されることなく、理論が教室現場での実践から真摯に学び,また理論に裏付けされた確かな実践が行われるよう,理論と実践の連携・統合を目指していきたいと考えています。英語教育に関わっておられる皆様方からお一人でも多く,この輪に加わって頂けることを願っています。

                                                 会長 伊東 治己(関西外国語大学)