IshiiYutaka

1月 092021
 

関東甲信越英語教育学会月例研究会   

英語教師が知っておくべき英語学,英文法の専門用語

講師:野村 忠央

(共催:言語系学会連合・全国英語教育学会)

・2021年2月6日(土)16:00-18:00

・Zoom を利用したオンライン開催

・参加方法

  1. 対  象: 英語教育に関心のある方
  2. 参加費: 無料(会員・非会員問わず)
  3. 申込み: PDFに記載のURLもしくはQRコードから
  4. 締切り: 2021年2月6日(土)正午

・講演内容等についてはPDFをご覧ください。

10月 012020
 

本年度の全国英語教育学会学会賞の受賞者が次のとおり決定しました(敬称略)。

<学術奨励賞>
金山幸平
Is Expanding Spacing More Effective than Equal Spacing for L2 Vocabulary Learning?

<教育奨励賞>
杉田千香子,内野駿介,濱田彰
リメディアル学習者を対象とした音読指導のための共同生成的アクションリサーチ

授賞式は2021年度の本学会総会にて行う予定です。

9月 232020
 

関東甲信越英語教育学会第44回研究大会は令和2年12月12日(土)・13日(日)にオンラインで開催いたします。詳しくは、研究大会ウェブサイト(http://www.kate-j.sakura.ne.jp/conference.htmlと大会案内(http://www.kate-j.sakura.ne.jp/conference/conference.pdf)をご覧ください。多くのご参加をお待ちしています。  

9月 042020
 

ARELE32号執筆要領を公開しました。投稿受付期間は 2020 年 9 月 25 日(金)0 時から 2020 年 10 月 9 日(金)24 時(日本時間)までとなっています。あわせて32号向けのテンプレートも用意しましたのでご利用ください。

詳しくは下記のページをご覧ください。

ARELE執筆要領、ARELE 32 投稿票、投稿用テンプレート(ARELE32号用)

7月 232020
 

先般の7月豪雨で,九州地方や中部地方をはじめ国内の広範囲にわたる地域で甚大な被害が出ています。多くの河川での決壊・氾濫や,各地での土砂崩れで多くの尊い人命が失われ,負傷者も多数出ています。被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。本学会会員の方々におかれましても,直接被害に遭われたり,ご親戚,ご友人,ご勤務先関係者の方々が被害に遭われたのではないかと心配しております。勤務されている学校が増水被害にあい,授業が実施できない場合もあるかと思います。そのような厳しい状況下において,生活再建や授業再開に向けて大きな困難に立ち向かおうとされている会員も多数いらっしゃることと思います。学会としても,今回の豪雨で被害に遭われたお一人おひとりに対して,心よりお見舞い申し上げるとともに,応援のメッセージをお送り致します。

5月 292020
 

全国英語教育学会会員の皆様方へ

新型コロナウイルスに負けずにともに頑張りましょう

新型コロナウイルス感染拡大を受けて発出された非常事態宣言が先日,全国的に解除され,各教育現場では少しずつ新学期の授業が開始されつつある今日この頃ですが,会員の皆様はいかがお過ごしでしょうか。会員やそのご家族の中には,新型コロナウイルスに感染された方々もいらっしゃるかもしれませんが,皆様が無事回復され,新型コロナウイルスとともに生きる新しい生活に向けて歩きだそうとされていることを心より念じております。残念ながら,当初8月に開催を予定していました長野研究大会は1年延期することとなりましたが,地区単位での活動は,一時中断を余儀なくされていたものの,少しずつ形を変えて始まっていることと思います。新型コロナウイルスの戦いは長期戦になることが予測されています。児童・生徒・学生の心身の安全と,先生方やご家族の体調に留意しながら,今こそ新しい英語教育の発展のために,ともに頑張って行きましょう。来年の8月に長野でお会いできるのを楽しみにしています。

                     全国英語教育学会会長 伊東治己