IshiiYutaka

8月 212022
 

コロナ禍3年目の夏、第47回全国英語教育学会・北海道研究大会のすべてのプログラムが終了しました。8月6日~7日の2日間のご参加、大変お疲れ様でした。今回も前年に続いてフルオンラインでの開催となりました。 

大会を振り返り、まずこの学会の企画から実施まで全面的に支えて下さった北海道研究大会実行委員会のみなさんに深く感謝いたします。広い北海道の中では、もともとリモートでの連絡は大変なことも多かったと思います。また、学会の各種委員会、部会の先生方にも多くのメールのやり取りを行っていただきました。すべての関係者の皆様、本当にありがとうございました。 

オンライン開催の中で、会員の皆様の多くの真摯な発表が続きました。140件に至る発表の数だけでなく、自由研究発表からシンポジウムに至るまで研究の質の面から新しい風を吹き込んでいただきました。また、発表の目的・場面・状況も小中高大と幅広く、まさにこの学会の目指す理論と実践の往還、校種を超えた相互交流の場になったと思います。是非、この流れが来年、そして再来年の開催地へも引き継がれることを期待します。合わせて、オンライン形式の可能性と課題を含めて今後の学会運営に対するご意見をお寄せいただきますようお願いいたします。 

最後に、会員のみなさんが、さらに教育・研究に邁進され、また、マスクが取れて教室に笑顔と自由なやり取りがもどる日が一日も早く来ることを願っています。コロナ感染の再拡大、各地の異常気象といった厳しい日常に苦しんでおられる方々に心を寄せながら、ごあいさつといたします。来年、香川でお会いしましょう。 

全国英語教育学会会長 

深澤 清治

8月 082022
 

ARELE34号執筆要領を公開しました。投稿受付期間は 2022 年 9 月 23 日(金)0 時から 2022 年 10 月 7 日(金)24 時(日本時間)までとなっています。あわせて34号向けのテンプレートも用意しましたのでご利用ください。

詳しくは下記のページをご覧ください。

ARELE執筆要領(日本語版、英訳版)、ARELE 34 投稿票、 投稿用テンプレート(ARELE 第34号用)

3月 222022
 

東北地方を中心とする3月16日の地震で最大震度6強を観測した宮城、福島両県をはじめ、その後の東北、関東地方の地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。本学会会員の方々やお知り合いにも、被害に遭われた方がいらっしゃるのではないかと心配しております。卒業、入学、就職、引っ越しの時期であり、まもなく始まる授業に影響が出ることも懸念されます。コロナ禍やウクライナでの戦禍で社会不安が広がる中、本学会として、被災されたお一人おひとりに対して寄り添うとともに、桜の季節に向けて応援のメッセージをお送りします。